戦車の輸入に挑戦ー下調べ①ー

こんにちは、KEYTANKです。

山(自己所有)に行ったら、駐車場にスズメバチの巣がありました。

この「とっくり」をひっくり返した様な独特な形は、まだ働き蜂がいない女王蜂だけの巣。

大きくなるのを観察したい気もしましたが、枝ごと切って駆除しました。

 

さて、「戦車の個人輸入が可能か?」という点についてwebで調べてみたところ、知恵袋で同じような質問がたくさん出ていました。

回答を見るも、憶測の域を出ないものがほとんどで、やはり知恵袋では、信頼に値する定かな情報は得られません。

 

そこで「お上」のサイトを調べると、明確に記載してありました。

財務省税関局関税率表第87類10

「戦車その他の装甲車両(自走式のものに限るものとし、武器を装備しているかいないかを問わない。)及びその部分品」 基本税率12.8%

基本税率があるってことは、輸入ができる可能性があるということ?

と、思うも、よく見ると条件があるようです。

 

『この分類の「対象品目」を輸入しようとする者は、「外国為替及び外国貿易法」(外為法)に基づく経済産業大臣の承認を受けなければなりません。』

 

なるほど、そう簡単ではない様です。

大臣の承認を得るためには、書類を揃えて申請書を提出する必要があるとのこと。

「じゃ、ダメ元で書類揃えて申請してみよう!」と、手続きを進めるために調べてみました。

「えーと、まずは申請資格か。なになに・・

『<申請資格>国から輸入の委託を受けた者又はこれに準ずる者』

 

・・・・・・・。

 

・・・・・。

 

・・・。」

 

チーン。

 

ダメじゃん!

 

全然ダメじゃん!

 

国から戦車の輸入委託なんて受けてないよ!

 

いきなりこの暗礁に乗り上げた感。

 

うーん。